1. HOME
  2. ごあいさつ

ひとつ麦代表の吉原幸子です。
広島の地で、着付け師として活動しています。

皆さんのご自宅のタンスに、眠っている着物はありますか?
「あるけど、怖くて開けられません(^_^;)」
そんな方にお味方し、人生が豊かになるご提案を致します。

例えば…

着物を手放す or 活用する
→ リメイクする or 着物として着る
→ かっこいい着物美人になる or 娘の振袖を着せられる母親になる

という風に、選択肢をご提案することを通して
着物に対する姿勢を決めて頂きます。
それだけで、デッドスペースがドリームスペースに大変身!

ひとつ麦 吉原幸子は以下のサービスを通して
初歩の初歩から、お着物生活を応援します!
 ◎着物の整理のお手伝い
  ▲ひとつ麦LINE公式アカウント登録者限定
 ◎着付け教室の実施
 ◎お着付けの提供
 ◎着物撮影会開催
 ◎着物お出掛け会開催
 ◎オリジナルの和装品販売

ひとつ麦LINE公式アカウント登録はこちら

あなたも着物で「かっこいい大人」としてご自身を磨きませんか?
1人の人が着物を着始まると、3代先まで着物に親しんで頂けます。
ご一緒に、次世代の手本となる「艶のある大人」となりましょう!

《プロフィール》
1971年生まれ。
広島県、安芸の宮島の老舗旅館に生まれ育つ。
15歳からお茶を習い始め、着物を着るようになる。
2012年改めて美和きもの教室にて着付けを習い始める
2013年同教室にて上級着付け師免状取得
2014年着付け師として活動を始める
2016年着付け講師として活動を始める
2017年家庭画報社「きものサロン」春夏号に着物姿が掲載される
2019年インド刺繍で帯を作ることを思い立つ
2019年全日本福祉理美容協会より、車椅子着付け師、及び講師の認定を受ける
2019年広島市創業チャレンジ・ベンチャー支援事業の認定を受ける
2020年事業としてひとつ麦を始める